出会い

夜の公園はカップルには欠かせない場所

夜の公園はカップルには欠かせない場所

夜の公園は、カップルにとって昔も今も欠かせない場所
夜の公園に行くのは、ベンチのカップルたちを、男性に見せるのが目的です。
水着女性のピンナップに弱いことが示しているとおり、男性は視覚的なものに興奮します。
ですから→それを利用して、彼を視覚的に興奮させます。漫才でいうところの「ツカミ」のようなものです。
いがいと男性はテレ屋ですから、まず他のカップルたちを見せて、自分たちもああなっていいのだと男性に思わせます。
公園に行くのは初心者カップルとはかぎりません。少し露出好きのベテランカップルだって公園に行きます。
そうしたふたりをお手本にします。また、そこが野外であることが、ふたりを興奮させます。
セックスに関しては、男性をいかに興奮させるかで、モテ女かそうでないかが決まります。
ベンチが確保できたら、もう成功したも同然です。そこではかなり大胆なポーズも可能だからです。
女性の側が男性の足に自分の足をからませようと、だれも文句は言いません。


キスをしているだけで男性の興奮はピークに達する
上手なキスとは、どんなキスでしょうか?言うまでもなく、受け身ではないキスです。
あなたの舌の使い方ひとつで、うまいかヘタかがわかれます。キスが長くできる。それは、セックス上手の条件のひとつです。
キスは疑似セックスです。□と□のセックス。そう思ってください。これで、いかにキスが大切かがわかるでしょう。
舌を動かすだけでなく、男性の舌を強く吸ったり、軽くかんだりするのもいいと思います。自分の舌を自由自在に操ること。
そうすれば、男性は完全にあなたのトリコとなるでしょう。わざと途中で唇を離して、男性をじらすのも効果的です。
だから、キスと恋のかけひきは似ています。ちょっといじめたり、逃げたり、追いかけたりと、表現豊かなキスができれば一人前です。
また、キスにはセンスも要求されます。どんなに激しいキスでも、甘美な雰囲気が求められます。ただガッガッしてというのでは、甘美とはほど遠くなります。
キスのセンスのポイントはただひとつ。次の段階に移るまでの時間をいかに楽しめるかです。いきなりのセックスではない、余裕のある戯れ。それがキスなのです。
ここでは、公園などでのキスについて触れましたが、べつのところではベッドでのキスについても書くつもりなので、お楽しみに。
相手がまだいない方探してみてください。
きっと自分に合った相手が見つかりますよ。

参考:安心出来る 出会系

男性向けの官能小説で男の欲望を勉強する

男性向けの官能小説で男の欲望を勉強する

男性向けの官能小説を読んで、男の欲望について勉強する
男たちが読むエッチな小説は、とてもいい教科書になります。なぜなら、そこには男たちが女性にしてほしいことが、具体的に書かれているからです。
男性の願望を書いたものが、官能小説だと言えるでしょう。
男は女性のどこを見ているのか?
女性のどんなしぐさに興奮するのか?
女性にどんな言葉を言ってもらいたいのか?
女性にはどんなポーズを取ってもらいたいのか?
男性の体にはどんなふうに触れたらいいのか?
などなど、細かく描写されています。
官能小説の作者はほとんどが男性です。もちろん、女性作家の中にもエッチな小説を書く人がいますが、全体からするとかなりの少数派です。
ということは、男の気持ちをわかろうとするには$恰好のデータがそこにあるわけです。
こんなに便利なマニュアルを放っておくことはありません。どんどん活用して、自分がセックスするときにおおいに役立てましょう。
雰囲気づくりには、会話がいちばん近道である
男性をエッチな気持ちにさせるには、エッチに関する話題をふること。これがもっとも手っ取り早い方法です。
デートしていて、こんなふうに言えばいいのです。
「ここをまっすぐ行くと、ホテル街なんでしょう?」
などと。
べつに恥ずかしいことではありません。そのていどの情報を女性が知っていても、少しも不思議ではありません。
男性がそうした場所に行きたがっているのは、彼の態度でわかります。なんか落ちつかない。
話がとぎれがち。
目つきがあやしい。
など、判断材料はいろいろあります。
それがキャッチできたら、
「ここをまっすぐ……」
と切り出します。
男性は女性の側からの信号が出ているのに気づきます。
それでも気づかないような男は、見込みがないので、早いところさよならしましょう。
相性が合う素敵な男との出会いはあるかもしれません。

参考:

無意議のうちに、ガードを堅くしてないだろうか

無意議のうちに、ガードを堅くしてないだろうか

男性と知り合い、デートをするときの服装のことなんですが、女性自身はそのつもりではないのに、男性の方が勝手に解釈してひいてしまう場合があります。まず、パンツスタイル。これなどは、いかにもガードが堅そうに見えます。もちろん、スカートがいいでしょう。くつにミニスカートの必要はありませんが、色気ゼロのパンツ姿よりもずっといい。ジーパン好きの女性もいますが、男性と会うときはあえてジーパンは避けましょう。また、シャシやブラウスのいちばん上のボタンをしっかり閉めているのも、男性からみたらとても堅い感じがします。いずれにしても、体の露出をできるだけ抑えようとしている。そう見えてしまうのは、女性にとって非常にソンだと思います。それに加えて、もうひとつ注意したいのは、あまりにも個性的な服装も、男性からは敬遠されるという点です。「わたしの好きなファッションなんだから、いいじゃない」と、ひとりよがりになるのはよくありません。第一、男性の着ているものとのつりあいが取れないとは思いませんか?自己中心的なファッションについては他の項目でも触れているので、これぐらいにしておきましょう。せっかく大学を出たのなら、少しは稼いだらどうなんだろうと思ってしまう。お花やお茶も趣味としてやるのではなく「師範」の免許をもって、人に教えて収入の得られるだけの能力のあるお嫁さんの方が好ましいことになります。



出典:サクラいない 出会い系