無意議のうちに、ガードを堅くしてないだろうか

男性と知り合い、デートをするときの服装のことなんですが、女性自身はそのつもりではないのに、男性の方が勝手に解釈してひいてしまう場合があります。まず、パンツスタイル。これなどは、いかにもガードが堅そうに見えます。もちろん、スカートがいいでしょう。くつにミニスカートの必要はありませんが、色気ゼロのパンツ姿よりもずっといい。ジーパン好きの女性もいますが、男性と会うときはあえてジーパンは避けましょう。また、シャシやブラウスのいちばん上のボタンをしっかり閉めているのも、男性からみたらとても堅い感じがします。いずれにしても、体の露出をできるだけ抑えようとしている。そう見えてしまうのは、女性にとって非常にソンだと思います。それに加えて、もうひとつ注意したいのは、あまりにも個性的な服装も、男性からは敬遠されるという点です。「わたしの好きなファッションなんだから、いいじゃない」と、ひとりよがりになるのはよくありません。第一、男性の着ているものとのつりあいが取れないとは思いませんか?自己中心的なファッションについては他の項目でも触れているので、これぐらいにしておきましょう。せっかく大学を出たのなら、少しは稼いだらどうなんだろうと思ってしまう。お花やお茶も趣味としてやるのではなく「師範」の免許をもって、人に教えて収入の得られるだけの能力のあるお嫁さんの方が好ましいことになります。



出典:サクラいない 出会い系